株が経済に与える影響のイラスト画像

株は経済ととても密接な関係であり、株価の変動によって企業の価値も変わり、様々な影響や動きが起きる可能性があります。株と経済についていろいろと考えていきましょう。

2017年04月の記事一覧

信用取引の貸株と融資を理解し的確な資金管理を

金融商品取引を一般に財テクと言います。
財テクは株式投資や投資信託、外国為替証拠金取引などが代表的ですが、株式投資では一般的な取引の場合、現物投資となり、ベテラントレーダーとなると信用取引を行います。
信用取引とはハイリスクハイリターンとなる投資法で、自分で保有する資金以上の売り買いが行えます。
資金以上の株の売り買いが行える理由として、現金や保有株式を担保にお金や株式を借りることで、保有資金以上の取引が行えるのです。
分かりやすく言えば、マイホームを買うのに銀行から融資を受け、借りた資金で住宅購入をします。
この際に担保として土地や建物に抵当権が付きます。
ここで、銀行融資と大きく違う点があります。
信用取引で買い建てから入る場合、証券会社から融資を受けるかたちとなりますが、一方で売り建てから入る方法もあり、予め指値をして保有していない株を売り、のちに買い戻すという方法があり、先に売り、後に買いという反対売買が行われ、この場合証券会社により貸株を受けます。
先に高く売っておき、後から安値で買い戻すとその間の利ざやが稼げます。
この取引方法を空売りと言います。
信用取引で買い建てから入る場合、証券会社から融資を受けて取引を行いますので、保有期間の日歩が掛かります。
売り建てから入る空売りでは、日歩はかかりませんが貸株料が決済金から引かれます。
相場が上がるか下がるかは誰にもわからないため、万が一投資した目論見と逆の相場展開となると金利支払い等の他に損失分の補てんをしなければいけません。
信用取引では現在の資産状況のおよそ3倍程度の取引が可能となりますが、万が一損失が出ると、不足した保証金を追加しなくてはいけません。
融資を受けて投資を行うのは自己資金を使わず、バーチャル資金で取引を行うため安易な判断で取り組むと非常に大きな損失を及ぼすため、資金管理と投資方法はしっかりとした計画を立てましょう。

続きを読む

優良株狙いの詐欺などは石原葉子氏に相談しましょう

株を利用した詐欺は古くからありますが、最近では一部上場されている優良株を利用した物も非常に多くなっています。株の売買はしっかりと情報の出所を整理して自分で判断しなければならないものですが、一般投資家の多くは余りその知識が無いことも多く、専門家が勧める銘柄や人気の高い銘柄に投資する傾向が有ります。
本来株の投資に於いては様々なところからいろいろな情報を得て、同時にその値動きをチェックすると共に外的な評価も鑑みて判断することが重要です。しかし、なかなか実際にはその様な確認をすることせずに誰かに勧められるがままに購入するという人も増えているのが大きな問題となっています。
優良株狙いの詐欺はこのようなあまり株に詳しくない人を狙い、公にされていない情報と言って値動きの情報を見せたり、今後値動きが有るという専門家の偽の情報を提供したりすることで投資をだまし取る方法です。新しい銘柄の場合には多くの人が警戒するものですが、一部上場されているような有名な銘柄で有れば多くの人が信用してしまい、お金をだまし取られてしまうことも多いのです。
石原葉子氏は多くの海外経験を持つ司法書士ですが、株式の情報にも詳しく、詐欺などの問題にも積極的に対応してくれる司法書士です。法律家の場合多くな明確な根拠が無いとなかなか対応してもらえない場合も多いものですが、石原葉子氏は株式の世界にも明るく、状況を的確に理解した上で最善の対策を考えてくれる司法書士です。さらに、その銘柄の本当の情報なども見抜く能力も持っているため、万が一怪しい情報などを入手した場合でも、その真偽を的確に判断し対応策のアドバイスをしてくれます。
優良な銘柄であっても安心はできない物です。石原葉子氏に相談することで安心した投資ができます。

続きを読む

益金もNISAも改定され株式会社創業前史も重要

毎年税制改定が行なわれますが、平成27年度の改定では大きな変更がいくつもありました。まずは益金の不算入についてです。益金というのは利益のことですが、税法上ではこのように呼んでいます。例えば子会社から送金される時送る側ですでに課税後だとしても、送られた方はそれによって利益が出たわけですからそこでまた税金を払わなくてはなりません。これでは二重に課税されることになってしまっていますので、この点は改善するように改められました。そして一般の投資家にとっても新しくなった点がありまして、それは少額投資非課税制度NISAの年間の非課税枠がそれまで100万円だったものが120万円になったことと、0歳から19歳までを対象者としたいわゆるジュニアNISAが誕生したことです。日本のNISAは外国の制度を参考にしたものですが、外国では以前から限度額が12で割り切れる数でしたし、ジュニアを対象とした商品もありました。日本でNISA開始後、より本国の制度に近づいたと言えます。さてそのNISAで実際に株を買っていくとしますと、上場企業がどのような製品を作っているのか調べなくてはいけません。普段から自分が製品を使っている企業ですと、どういう長所があるとか最近どういう新製品に力を入れているかなど情報がわかりますから安心ですが、株価や株主優待品などに注目してここは良さそうと注目した企業の中で実はそこの製品を使ったことがなく、製品はわからないという場合もありえます。そういう時にはその会社のことを勉強していかなくてはなりませんが、現在は各社のホームページでも自社の歴史などからいろいろ載せられています。株式会社として創立される前の時代を創業前史と言いますが、その頃から元々どういうものを作ってきたのかを調べてみるととても勉強になります。

続きを読む

ドラマティックな企業経営と株式上場

株式上場を無事に果たすこととなれば、運用に関連した状態がはっきりします。売買の金額を基礎からじっくり検証すれば、当選の確率を向上させるヒントが出ていきます。また運用のこれからを把握していくには、ドラマティックな展開を希望する状況が大切です。証券会社に認められたビジネスを駆使すれば、実績が高い現状をクリアさせる方法が出ていきます。口座を開設する準備を着々に進めている方にとって、快い結果が待っているため、担当者の内容をじっくり検証する方向が適切です。インターネット取引でできる範囲を実行すれば、店舗のスタイルと違う内容がはっきり見えてきます。ドラマティックな展開は株主に強烈な印象を与えていくようになり、企業の価値を向上させる要素が誕生します。銘柄別に魅力ある内容をピックアップすれば、計画的な株式投資が可能となってきます。株式上場のニュースは証券会社のデータに大きく関係していき、複数の条件に合致する内容を前もって確認する術が必要です。家族に協力を促していくような姿勢をとれば、複数の観点で具体的な儲けができるようになります。
新規に口座を開設する場合は、申請に時間がかかるケースもあるため、応募すべき機会をじっくり考えることが必要です。銘柄別に確かなる内容を持ち合わせれば、円高や円安のバランスをじっくり見ておく要素も大切です。企業経営は軌道に乗るまで時間がかかることから、株主としてはじっくり動向を見守っていく姿勢が大事です。プロの投資家が注目している条件に関心を寄せることで、新たなテーマで売買を開始するヒントがわかっていきます。企業の責任者の意見は説得力があるため、逐一チェックすることが大事です。

続きを読む

モービルアイとファーストライフの株式

モービルアイはイスラエルに本社を構える、ソルトウェアの会社です。車を運転するときに周囲にあるものを自動的に検知して、警報を鳴らすソフトなどを開発しています。例えば、前方を走っている車との距離が近くなりすぎたときや車線を越えてしまったときなど、事故を起こすリスクが高まったときに、運転手に向けて警報音で危険を知らせてくれます。
人が安全に生活を営むために必要な技術を提供しているとあり、株式に対する注目度も高いものがあります。モービルアイはニューヨークの市場に上場しており、日本の証券会社を通じて購入することができます。将来性を見越して今から購入することを検討してみたいところです。
ファーストライフという株式会社が存在しますが、ここは老人ホームのサービスを中心に事業展開をしています。福岡県北九州市に本社があり、到津の森や南王子さくら館、ラフィーネなどの介護付有料老人ホームの提供を行っています。いずれも北九州市にある老人ホームです。
老人ホームとは別に、ラフィーネこども園という保育園も北九州市内に持っています。
東京都に同じ名称の株式会社が存在しますが、こちらはリフォームや新築オプション関係の事業を行っている、全く別の会社です。リフォームにおいては依頼者の話を聞き、予算に合わせて理想通りのリフォームに仕上がるよう、プランを組んだ後に施工してくれます。
この2つのファーストライフは株式会社ではあるものの、株式市場には上場していませんので、一般の投資家では株式を購入することができません。経営者に近い人物や親密な取引先など、ごく狭い範囲で取引が行われている状態です。
上場を果たしている別の会社の株式を、証券会社を通じて購入しましょう。

続きを読む