株が経済に与える影響のイラスト画像

株は経済ととても密接な関係であり、株価の変動によって企業の価値も変わり、様々な影響や動きが起きる可能性があります。株と経済についていろいろと考えていきましょう。

信用取引の貸株と融資を理解し的確な資金管理を

金融商品取引を一般に財テクと言います。
財テクは株式投資や投資信託、外国為替証拠金取引などが代表的ですが、株式投資では一般的な取引の場合、現物投資となり、ベテラントレーダーとなると信用取引を行います。
信用取引とはハイリスクハイリターンとなる投資法で、自分で保有する資金以上の売り買いが行えます。
資金以上の株の売り買いが行える理由として、現金や保有株式を担保にお金や株式を借りることで、保有資金以上の取引が行えるのです。
分かりやすく言えば、マイホームを買うのに銀行から融資を受け、借りた資金で住宅購入をします。
この際に担保として土地や建物に抵当権が付きます。
ここで、銀行融資と大きく違う点があります。
信用取引で買い建てから入る場合、証券会社から融資を受けるかたちとなりますが、一方で売り建てから入る方法もあり、予め指値をして保有していない株を売り、のちに買い戻すという方法があり、先に売り、後に買いという反対売買が行われ、この場合証券会社により貸株を受けます。
先に高く売っておき、後から安値で買い戻すとその間の利ざやが稼げます。
この取引方法を空売りと言います。
信用取引で買い建てから入る場合、証券会社から融資を受けて取引を行いますので、保有期間の日歩が掛かります。
売り建てから入る空売りでは、日歩はかかりませんが貸株料が決済金から引かれます。
相場が上がるか下がるかは誰にもわからないため、万が一投資した目論見と逆の相場展開となると金利支払い等の他に損失分の補てんをしなければいけません。
信用取引では現在の資産状況のおよそ3倍程度の取引が可能となりますが、万が一損失が出ると、不足した保証金を追加しなくてはいけません。
融資を受けて投資を行うのは自己資金を使わず、バーチャル資金で取引を行うため安易な判断で取り組むと非常に大きな損失を及ぼすため、資金管理と投資方法はしっかりとした計画を立てましょう。